読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染地台レーシングクラブのブログ #smrc

浜松市染地台を中心に自転車大好き!トライアスロン大好き!BBQ大好き!仲間が集まって面白可笑しく!時には真剣に練習しているチームです。

Ride36:ゴールデンウィークは富士山一周だ!の巻 Part2

つーこんで、前回

smrc.hateblo.jp

 

の続き。

 

 

富士山一周をもくろむSMRCご一行。

 

富士宮を出発して、御殿場まで到着しました。

 

メンチカツを補給して、いざ再出発ーーーーーー!!

 

 

f:id:smrc:20160513125431j:plain

 

まずは御殿場を抜けて山中湖を目指します。

 

この時、藤ちゃん的にはひとつの疑問が…。

 

 

御殿場っていやぁ、静岡県だ。

 

 

で、山中湖っていやぁ山梨県だ。

 

 

今日の俺たちの目標は「富士山一周」だ。

 

 

現在の時刻は10時30分過ぎ…。

 

 

未だに静岡県すら脱出しておらず、富士山が北西に見えている…。

 

 

コレ…、本当に、今日中に一周できるのだろうか…?

 

 

そんな、藤ちゃんの心配を加速させる情報が、暴れん坊将軍のM藤さんの口から発せられた。

 

 

 

 

 

「今から、峠だで!」

 

 

 

 

そう!山中湖に抜けるには籠坂峠(かごさかとうげ)という峠を超えなければならないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

嫌い!

 

 

 

 

もうね、ホントにキツかったよ!この峠!

 

f:id:smrc:20160513125652j:plain

 

 

 

で、 ただでさえ坂道が苦手なのに、身体だけじゃなく、藤ちゃんの自転車にも異変が!

 

リアディレイラーが絶不調で軽いギアに変速できない!

 

 

こういう、登りの辛い時にメカトラブルが起きると本当に走る気力がなくなるね!

 

 

 

f:id:smrc:20160513125821j:plain

途中で藤ちゃんを待っていてくれたコーセイくんからキュンキュンパワーをもらって、頑張りました!

 

 

そんなこんなで、割と本当に泣きそうになりながら、なんとか籠坂峠のてっぺんに到着!

 

f:id:smrc:20160513125921j:plain

みんなで記念撮影。

 

 

いや~!キツかった!

 

家に帰って、このときのSTRAVAのデータみたらビックリしたね。

f:id:smrc:20160513125950j:plain

↑ここまでの道のり。↑

 

ほっとんどが登り!工程の40キロ近くが坂道じゃないか!

 

 

そりゃ疲れるわ…。

 

 

しかし!登りがあれば、下りがある!

 

 

「あとは、平地と下りしかないよ!」とのI葉さんの言葉を信じ、籠坂峠を下ってきた我々がたどり着いたのは…。

 

 

 

 

 

山中湖

 

 

の!

 

f:id:smrc:20160513130110j:plain

ほうとう屋!

  

f:id:smrc:20160513130140j:plain

『小作さん』大人気店という事もあって30分ほど待ちました。

 

 

f:id:smrc:20160513130204j:plain

「こんなに、混んでるの!?」と驚きを隠せないK俣さん。

 

 

f:id:smrc:20160513130235j:plain

待っている間に、S藤さんにディレイラーの調整をしてもらい、無事に直った藤ちゃんの自転車!いや~良かった。

 

 

f:id:smrc:20160513130307j:plain

自転車は通行人の方々に迷惑がかからない場所に移動して…

 

 

f:id:smrc:20160513130334j:plain

そんなこんなしていると店内にご案内され…

 

 

f:id:smrc:20160513130356j:plain

大好物のほうとうに、にんにくチップを大量にかけて満喫するH多さん

 

f:id:smrc:20160513130431j:plainY下さんもほうとうに舌鼓

 

f:id:smrc:20160513130459j:plainとにかく美味しい、山梨名物の「ほうとう

 

f:id:smrc:20160513130525j:plain

いやぁ~、美味い!さすが名物!ココで、ほうとうを食わない人なんているんでしょうか!?

 

 

 

 

 

いたんです!

 

 

 

この、ほうとうが名物のお店で…

 

 

 

 

 

 

f:id:smrc:20160513130551j:plain

『天丼』を食らう、チェントウノI藤クン。

 

 

f:id:smrc:20160513130743j:plain

コーセイくんはカワイイので、『うな重』を食っても許す!

 

 

それにしても、この店のほうとう、量が半端無く多かった!

 

藤ちゃんは「豚肉ほうとうってのを注文したんだが、その中に入っている、カボチャとイモがもう、凶悪!

 

食っても食っても減らないカボチャとイモの攻撃にお腹がいっぱい!

 

 

「豚肉ほうとうですら、うんざりする量のカボチャが入っているのに、この店のメニューには「カボチャほうとう」があるんです!

どんだけのカボチャを食わなければいけないのでしょうか?

 

 

 

う~む。恐るべし、山梨。

 

 

ちなみに、藤ちゃんが中学生くらいの時に遠足かなにかで山梨に来た時のバスガイドさんが

 

ほうとうは、武田信玄が、具材を伝家の宝刀で刻んで家臣にふるまった事から、ほうとうって呼ぶようになったんですよ~!」

 

 

って言っていて、えらく感心した記憶があったのだが、

 

 

今、Wikipediaで調べたら、

 

 

その他の説[編集]

同音の「宝刀」や「放蕩」などを語源とする説も存在する。「宝刀」については「信玄が自らの刀で具材を刻んだ」といった武田信玄に由来するとする俗説が広く流布している。これは戦後、山梨県において歴史的資源を活かした観光業が主要産業化する過程で形成された現代民俗であり(『山梨県史民俗編』)、言語学的見地からは否定されている。「放蕩」については「空いた手間と時間で放蕩することができるために、ほうとうという名称になった」とされるが、出処不明であり根拠は全くない。

 

 

 

 

まるっきりウソじゃねーか!

 

  

う~む。恐るべし、Wikipedia

 

f:id:smrc:20160513131024j:plainそんなこんなで食後は湖畔でまったり。

 

 

 

f:id:smrc:20160513131134j:plainで、気がついたら富士山が南側に見えてる!!!山梨に来たんだな~と実感しますね~。

 

 

つーこんで、お腹いっぱいになっていたら、時刻は既に13:00過ぎ!

 

 

こんなペースで

 

果たして無事に本日中に富士山一周できるのでしょうか!?

 

 

 

Part3(完結編)に続くので

 

 

 

よろしくメカドック!!!

 

 ↓↓↓↓SMRCはご覧のスポンサーのお世話になっています!↓↓↓↓

f:id:smrc:20160330201305j:plain

SMRCメンバーH地さんのお店。Green Coffee。

 

 

カッコいいチームジャージを作ってくれるPSIスポーツウェアさん

psi-sportswear.jp

高濃度水素水OXYSHOTさん 

f:id:smrc:20160301113534j:plain高濃度酸素水SPORTS OXYSHOT(スポーツオキシーショット)

オサレヘアーにしてくれる間渕理髪店さん

www.instagram.com