読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染地台レーシングクラブのブログ #smrc

浜松市染地台を中心に自転車大好き!トライアスロン大好き!BBQ大好き!仲間が集まって面白可笑しく!時には真剣に練習しているチームです。

Ride09:熊と書いてくんまと読むよトレーニング Part5やっと完結!

レギュラー練習

『Ride08:熊と書いてくんまと読むよトレーニング Part4』の続き。

smrc.hateblo.jp

つーこんで、

f:id:smrc:20160120075553j:plain

K林のこの提案に乗っかり。

 

f:id:smrc:20160120080920j:plain

このルートを選択した男気あふれる男、藤ちゃん。

 

K林の言う、『絶景』に釣られてみた。

 

一応、道の駅で少しは休憩しているので体力は回復したつもり....。

 

 

だったのだが...。

 

 

 

走り出して10分くらいすると

 

 

なにかが、おかしい。

 

 

 

力が入らないのである。。。。。

 

 

ペダルを回したい意識はあるのに、力が入らない。

 

 

平地なのに頭のなかのイメージと実際の足の動きやスピードが全然ちがう…。

 

 

なんて、思っていると坂道になってきた。小林の言っていた、ちょっとだけある登り坂だ。

 

 

 

が!

 

 

全然、坂が終わらない&結構キツい坂で、力も入らないのでとにかく登れない。

 

 

 

本当に登れないの。もうね、泣きそう。ガチで。

 

 

 

んで、『ふえええええええん、登れないよぉ』って泣き言を言っていた

 

 

 

 

 

その時!!

 

 

 

なんと!I葉さんとS藤さんが、藤ちゃんのお尻を押してくれているのである!

 

 

 

二人とも自転車に乗りながらだよ!?

 

 

 

登り坂でだよ!?

 

 

 

信じられない芸当である!

 

 

 

この時の二人はオレにとっては完全にヒーロー!!!超人!!!

 

 

 

キン肉マンロビンマスクに助けられてる感じなのよ!ホントに!

 

 

 

だから、藤ちゃんはこの坂はほとんど「押してもらって」ました。

 

 

 

 

K林はどうしてたかって?

 

そうだよね?I葉さんとS藤さんが藤ちゃんのケツを押してるんだから

 

当然、ナイスガイK林の事だから、藤ちゃんと同じように坂道でヒーヒー喘いでいる

 

チームアダルトのナイスガイY下さんのケツを押してあげてたんじゃないかと思うよね?

 

 

 

 

 

ノンノン。

 

 

 

K林は坂が始まった瞬間にわれわれを引きちぎっていきました。(弱者に寄り添う気持ちがハナからゼロ!)

 

 

 

f:id:smrc:20160122123042j:plain

で、坂の頂上で待っていてくれたK林とI澤さん。

 

 

泣きそうになって坂を登って(押してもらって)来た、藤ちゃんに発した第一声が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:smrc:20160122123102j:plain

 

鬼畜K林。

 

 

 

 

 

 

ほんでもってやっとこさ登った頂上から、ずーっと下ってしばらく走ると、浜名湖沿いのおなじみの道に。

f:id:smrc:20160122123000j:plain

やっと、知っている道に出て藤ちゃんも一安心である。

 

が、お気づきだろうか?

 

このルートを提案してきた時にK林が言っていたセリフ。

 

・距離は普通に帰るのと10キロ程度しか変わらない。

→まぁ、あながち間違っちゃいなかったが体感的には25キロ増に感じたぞ!

・ちょっとした坂道はあるがほんのちょっとだから大丈夫

→どこがちょっとした坂道なんだよ!山だよ!「山!」世間じゃあれは山って言うんだよ!

・この道を行けば絶景が見られるよ!

→????????????

 

そう。

 

 

 

 

 

絶景なんて無かったのである!!

 

 

なぜ、K林がそんなウソをついたのかがひたすらに今もって謎。

 

 

f:id:smrc:20160122122944j:plain

絶景の約束を無かった事にして浜名湖畔をひた走るK林。

f:id:smrc:20160122123227j:plain

あと少しで帰れるがこの時点で藤ちゃんとY下さんは完全にハンガーノック

ハンガーノック - Wikipedia

 

 

本当に力が出なくて、とにかく体力が残っていない。

 

 

そらそうである。

 

こんな長いルートを走ると思っていなかったので途中の補給を充分にしてないんだもん!

 

 

f:id:smrc:20160122123124j:plain

つーこんで、やってきました大判焼き!

 

 

前回ブログに「屋号の無い店」って書いたけど、あったよ!

 

「清華堂」さんでした。

f:id:smrc:20160122123138j:plain

f:id:smrc:20160122123152j:plain

藤ちゃん:「いや〜、Y下さん。今日ホントきつかったすよね〜」

Y下さん:「キツかったね〜」

K林:「うひょひょひょひょ」

f:id:smrc:20160122123244j:plain

 I澤さん「これ、美味いっすね〜!」

K林「うひょひょひょひょ」

 

 

相変わらず美味ぇ!美味ぇよ〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

 

特に今日はハンガーノック状態で食べたからなのか、食べて5分くらいすると、わかるの!

 

 

「あ、今、糖分が、オレの身体にしみわたってる!」って!

 

 

いや〜、キツかった。

 

 

それにしても、

 

 

 

今回、この無茶ぶりルートをことごとく提案してきたこの男。

f:id:smrc:20160117150851j:plain

 

 

この鬼畜K林には・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大感謝である!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心から言おう

 

 

 

『K林さん、ありがとうございました!』

 

 

やっぱり、こういう事があるとロードバイクのチームに入って良かったな〜、ってつくづく思うわ。

 

 

 

 

SMRC最高だね。

 

独りだったら、絶対に今日みたいなコースは選択しないし、そもそもあえてキツい道、しかも知らない道を走ると言う発想が無い。

 

 

 

 

チームだからこそ出来る体験だわな。

 

 

 

 

「くんまに行きたい」と何気なく言った藤ちゃんの予想を上回るこのルートを提案してくれたナイスな鬼畜K林さんに感謝である。

 

 

 

 

 

つーこんで、ボロボロに疲れていたんですが、

 

 

SMRCの暴れん坊将軍M藤さんから

 

 

「飲み行くぞ!ゴルぁ」

 

 

って、お誘いがあったので

 

 

M藤さん、K林さん、格闘家のI崎クン、チームスポンサーのマブチさんと飲んで来ました。

 

 

 

f:id:smrc:20160122123453j:plain

 

この店、やたら安くて美味かったので超オススメ!

 

 f:id:smrc:20160122202726j:image

つーこんで、藤ちゃん史上最強に辛かったくんまトレーニング完了!

よろしくメカドック