読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染地台レーシングクラブのブログ #smrc

浜松市染地台を中心に自転車大好き!トライアスロン大好き!BBQ大好き!仲間が集まって面白可笑しく!時には真剣に練習しているチームです。

Ride08:熊と書いてくんまと読むよトレーニング Part4

 

『Ride07:熊と書いてくんまと読むよトレーニング Part3』の続き。

smrc.hateblo.jp

  つーこんで、

 

ひたすら寒い日陰道を走りやっとこさたどり着いた、どこだか良くわから無いコンビニを出発し、「満光寺(まんこうじ)」に向かう。

  

f:id:smrc:20160119182821j:plain

あとから地図で調べたら、こんなルートだね。

 

 

 

ところが、再三書いているように色々とわからないわけだよ。藤ちゃんとしては。

 

だいたい、こんな事が分からない↓

 

 ・どこを走っているのかが分からない。

 

・どこに向かっているのかが分からない。

 

・どれくらい走れば目的地につくのかがわからない。

 

 

コ  レ  は  恐  い  よ  。

 

 

しかも、コンビニを出発してからの道が国道だからなのか、土曜日だからなのか知らんが、田舎のクセにやけに交通量が多い!

 

トラックやら乗用車やら、びゅんびゅんと横を通って、これまた恐い。

 

そのくせ、信号がほとんど無いから結構なスピードで走らないと逆に危ない感じでそれまた恐い。

 

そんでもって、先頭付近で少しでも遅く走るとSMRCの暴れん坊将軍M藤さんから

 

「オラっ!遅ぇよ!」

 

「後がつかえてんだYO!」の怒号が聞こえて来て、

 

コレが一番恐い。

 

 

つーこんで、この区間はみんなでびゅんびゅん走っていたので写真無し!

 

 

んで、やっとの事で着きましたよ!

 

 

「満光寺(まんこうじ)」

 

f:id:smrc:20160122122224j:plain

正確には満光寺に隣接する道の駅ですな。

 

いや~~~~~~~。疲れた。

 

ホントね、途中で「浜松○○キロ」って標識見たときは心の底からホッとしたからね。

 

もう、あとは少し休憩して帰るだけ!

 

f:id:smrc:20160119183350j:plain

と皆が思っていたその時である。

 

あの男。

 

 

K林が、のたまうのである。

 

f:id:smrc:20160120075553j:plain

 

(;゚д゚)ポカーン

 

 

意味がわからない。このまま、まっすぐ帰ればいいじゃないか!

 

何名かはK林の提案に行く気マンマンであるが、ルートのイメージが全くわかないので

 

「どういう事?」と聞くと。

 

f:id:smrc:20160120080805p:plain

こうやって帰るのが一番早く帰れるらしいのだが、

 

f:id:smrc:20160120080920j:plain

K林は↑この道で帰りたいらしい。

 

そこに何か利点はあるのかと尋ねると

K林は言う。

 

・距離は普通に帰るのと10キロ程度しか変わらない。

・ちょっとした坂道はあるがほんのちょっとだから大丈夫

・この道を行けば絶景が見られるよ!

 

との事。

 

 

絶景? 絶景と言うのは気にかかる。

 

 

が、通常ルートであったとしても現在の藤ちゃんの体力を考えると、かなり厳しいのは確かである。10キロ増量の距離を走破できる自信は無い。ましてや、短いとは言え坂道もあるそうだ。

 

「今日はこのまま帰ろう」

 

と、思っていたがSMRCの暴れん坊将軍M藤さん

 

「行ってきな」 

 

「行って来た方が良いって」

 

経験値上がるから行って来な」

 

「行け」

 

「行け!」

 

「いいから行けよ!!!」(゚Д゚)ゴルァ!

 

と、畳み掛けてくる。

(ウソみたいでしょ?この恫喝wホントにこうやってたたみかけてきたwさすが暴れん坊将軍

 

 そんなこんなしている間に、「帰ってやる事があるので早めに染地台に帰る組」のM山さん、H多さん、I藤さん、M藤さんが染地台に向かって動き出した。

 

 

藤ちゃんも…

 

 

 

 

「早く帰る組」に...

 

 

 

 

 

 

 

着いて行かない!

 

 

 

K林ルートに行こうじゃないか!

 

 

M山さん、H多さん、I藤さん、M藤さんとはここでお別れ。

 

 

 

やはり、「絶景」が気になり、

残ったI葉さん、S藤さん、Y下さん、I澤さん、K林さんと浜名湖周りルートを選択した藤ちゃん。 

 

 

 

 

しかし、そのわずか30分後この選択をひたすら後悔する事になるのである...。

 

 

次回「熊と書いてくんまと読むよトレーニング 最終回」に続く。

 

 

 

よろしくメカドック!